上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の朝、漢検の受験申し込みのプリントが配布された。
今申し込むと三学期に受験できるらしい。
面倒くさいのだがオカンが「申し込め」と言っているんで仕方ないから申し込む。

やりたくありません orz


さて漢検だが、私は準二級を持っている。
二級は取りかけ。
五回くらい受験して未だに受からない。


無論毎回毎回不合格。


中二からずっと受けているわりには受からない。



いつも合格まであと○○点というプリントしか来ない。
さびしいもんだ。


こと、中三のときの漢検が悲惨だったのだった……



いつも15点くらい足りなくて不合格なので、ちゃんと勉強して受けようと思った。
それで、深夜三時半くらいまで、過去問題を、合格点+20取れるように勉強した。
もちろん前日も。

それで迎えた受験日、私はいつもより書けたと思った。

これは!!!!!!


……受かると思ってたんだ。

それで、受験日から一ヶ月くらい経ったある日、HRのときに漢検の結果が来てるな、と思った。つーか結果表みたいなの見えた。

で、その中にあるわけよ。

ひときわデカイの。


勉強した私は、「あああの大きいのが来るんだ大きいのがついにぃぃぃ」
って思って待ってた。
二級は凄い難しいから賞状はさぞかしでかいだろー。と分かってた。

で、名前呼ばれるんだよ。
あの賞状来るんだ来るんだわわわわ
と思ってたのにさ……


あの賞状は他の人のところに行ってしまった。


賞状は一枚しかない。


ん……?


私に来たのは……



合格まであと2点



……流石に泣きそうだった。
そんなの見たことねえよ!!


先生が言った。

惜しかったね、と。



もうほっといてくれよ!!!!

…心の中でそう思っていた。
無残な記憶であった。
スポンサーサイト

<< ねぎ(BlogPet) | Home | がらがら。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。