上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近元気いっぱいに歩いてたつもりが何でもないところで横転してたりするからな。


突然足が笑う。
歩きすぎると大爆笑。なんかもうこのまま足の関節ずれちゃうんじゃないか!!

うっかりしていた唇の皮、捲れ上がったところから鉄の味。

自分の長くもない爪で引っ掻いて顔に切り傷。


……えーとそんなこと置いといて。

大変なことになりました。
いや、自分だけが単純に大変だと思ってるまでです。死んだりしませんのでご安心。
そもそもそんな大げさなことじゃないし。いや大げさか?

まあいいや、何があったかそろそろ書かないと。




――1月1日の、年を越してすぐの夜中のこと。

焼き豚を作っていたら、ポケットの中の携帯が振動し始めた。
真っ赤な髪の青年がスガシカオ鳴らしながら軽妙にメール着信をお知らせ。
誰だ夜中に、と携帯を取り出して内容を確認した私は驚いた。

予想外の相手からメールが来てしまった。


『彼氏』


一年近く会っておらず、ブログの話題にも上らない(会わないからなんだが)、むしろ赤毛とか二次元のほうが多いんじゃねぇのかくらいな奴。
なんだかんだで2年経っていやがる。自分で言うのも難だがよくバラバラにならんもんだ。
私の方がすっかり存在を忘r(殴

そのメールにはいかにも普通な「あけまして~」の一文が入っていたが、尚更インパクト大変だったのが、



「俺の受験終わったらどこかに遊びに行こう」


うわーーーーーー!!!!!(叫びすぎ

げほっがはっぐふっ

まさか正月早々それがくるなんて思っちゃなかった。
つーかなんだこの予想外の展開。

デートですか、
これはまさかのデ ー ト で す か

あちゃー、オタクと化してますがいいですか
あなたが放置した間にどんどんクレイジーな方向に行ってますがいいですか
あなたが放置した間にやせてちょっと外見変わりましたがいいですか
ていうか一応私は彼女なんですね(再確認

ああ別にいいですよ、
(ただ最初は返信に「いいよ」ではなく「養豚場行ってこい」とサディスティックな文章を打ちそうになっていた)
と送信しておいた(ちなみに送信には時間を要した)


そしてその間にも焼き豚はよく煮えていくのであった――


続く。

スポンサーサイト

<< 妄想族が妄想を止めるとき。その2 | Home | お姉さん、爪が大変です。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。