上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何か、こうやって生きてると、理不尽なことが結構ありますよね。


金曜日のことだったかな、私が朝校門をチャリを押したまま通ると、生活指導がこういうのだ、

「マフラーが長い」と。
私がしていったのはブログにも掲載したあの赤いマフラーである。
まき方によって垂らして私の腰まで来ていたのが「長い」と?

よく分からないのだ。
その生活指導は「危ない」とも言った。
チャリに巻き込まれて首が絞まって私が死ぬとでも?…とんでもない。
絡まるわけがないのだ。

ああなんと色々とそれに対してムカついて(日ごろ私が生活指導に注意されなれてないというのもあるのだが)私は首からマフラーを乱暴にとりチャリのカゴに放り投げた。
…今のファッションとやらを解してないね。
大体校則についての冊子にはどこにもマフラーについての記述がありませんよ?私は風紀委員だからそーゆーこと分かるんです。

校則に記載されてないものを注意する…よってこれを理不尽とする。
まあ取り上げられても困るし?修学旅行のフランスには持っていきたいし?
今はまき方変えて短く見えるようにしてますけど。



これは2月に入ってからすぐ?

私はチャリ通している。学校から家は近い部類に入るのだが、私は腰を患っているので(椎間板ヘルニアの一歩手前だと、医者から言われた)チャリをほんとーに特別に許可してもらえた(この言い方もムカつくな)。

最近自転車の止め方が悪いって、何か生活指導からか?何かきて、突然自転車の止め方に(というかとめるポジションに)うるさくなったのだが、
まあ、それは理解できる。
最近、とめ方が悪いと、私も感じていたからなあ。

んで、私はいつものように自転車を止めるわけだが、そこには駐輪禁止区域が存在して、私はいつもちゃんとそこを外れるよう止めていたのだ。

だが…

「もっと奥」
といわれた。

「ハァ?」
って感じだった。
だって私はその駐輪禁止区域規制線から外れてるところにとめようとしてるじゃないですか、といった。
それは正論であるはずだった。が、

「そんなこと言ってると帰りに自転車がなくなるぞ」
といわれた。

答えになってなかった。
私は正論言ったのに屈するのはすんげームカついたけど、自転車なくなってのれなくなって私がヘルニアになったらやだし、と思って我慢して奥止めた。

今も思う
あれはぜってー正論だ。
スポンサーサイト

<< ぷー。 | Home | あああああああ~~~!!!! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。