上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が所属するクラリネットパート…には高3の先輩が一人いる。とってもよく指がまわる先輩です。ちょっとあのスピードは私には無理……。
そんな先輩が、私に漏らした言葉…。
「あたし、まだこの部活にいたいんだけど…。」
コンクールまで、あと四日。あと四日で先輩は引退してしまう…。まだココにいたい。皆と音楽したい。もしか私が心配なだけかもしれないけど……。
兎も角、いろんな事がこの言葉に詰まっているのは、確かである。
先輩とであったのは、一年前の四月。私は経験者で入部した。先輩曰く、私は「怖い存在」だったらしい。先輩は、私があまりに速く半音階をまわすものだから、焦って練習したらしい(笑)。最初は用があるときしか話さなかったが、いつの間にやら距離は縮み、いろいろと話すょうになった。私が高1の夏の時点で先輩と同じパートだったから、距離が縮まるのは当たり前の事なのだけれど…。
始めは音とか動作が似ていて、「姉妹」とまで呼ばれた。(その後、姉妹と呼ばれなくなったのは、私がいろいろと変えたせいですた、すみません…)
私が人間関係にぶつかり、もぅ部活やめょうかと思ったのを止めたのも先輩だった。中3のクラの子の方が私よりか付き合い長い筈なのに、私と離れたくないと言った。
もぅ、これ打ってて涙止まんない…。
あと四日、先輩といられる時間を、大切にしようと思います。
なんか、文の繋がりが変ですよね(苦笑)、すみません。
コンクール終わった時、私、ヤバイだろーなー………。
スポンサーサイト

<< アクセルっっ! | Home | クラリネットが… >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。