上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この世界には数え切れないほどの朝が巡る。

朝が来ない夜は無い...


僕は朝、眠気眼で携帯を開く。

「新着メール一件」


開けば、君が「おはよう」と声をかけてくる気がする。


繰り返すおはようを
あと何万回繰り返せば
僕たちは自由になれる…?
壊れそうな存在を
僕の手で確かめていいかい…?



寒気で凍える手で、僕はゆっくりと返信を打ち始めた。

宵闇が遠ざかり、また朝が始まる――





*******
詩ですか小説ですかって感じになった。
スポンサーサイト

<< 筋肉痛が… | Home | それは無い。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。