上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜遅い電車って、寂しい。


どうも、リルアです。

皆が皆無関係な顔して、座ってるんですよね。
無論その中に自分も無関係な顔して座ってるけど。


こーゆーときにふと思うのは、隣にヒトが居てくれるのって大事なんだな……ってこと。
そのヒトと仲良くなったりしても、居ることが当たり前になっちゃいけないと思う。

いつもその存在にありがとうと感謝して、今日も元気に笑ってるね、と思って、楽しくお喋りしているっていうのが、当たり前なのかもだけど幸せな筈だ。


きっと、居るのが当たり前なら、ヒトを大事に扱えないかもしれない。
当たり前は、失ったときが一番ダメージを受ける。
携帯に依存してるとして、そんなとき携帯が無くなったら、狂ってしまうのと同じことで。
失って、その大事さが分かるもの。



今、別に私は何か失ったわけでもないけれど、隣で笑ってくれるヒトが当たり前に存在するわけじゃないってことを、考え込んでるわけです。
自分の中の人生の選択肢の中で、一つ違うものを選んだら、会えなかったかもしれないから。



一緒に笑ってくれる、君の存在にアリガトウ。



……読み返してみると、妙な所が多いけど、そのまま投稿することにする。
スポンサーサイト

<< にたにた | Home | 唇。 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。